MENU

DHAとEPAが多く含まれる食品ってどれ?

DHAやEPAは、魚類に多く含まれているとされています。

 

DHAは、本マグロや真鯛に多く含まれているとされており、EPAの場合には、マイワシやサバなどに多く含まれているとされています。

 

特に多く含まれる部位としては目玉の裏側のトロトロになっている部分や脂乗りをしている部分で、魚を丸ごと煮つけたような料理では、目玉もしゃぶるという人も少なくありません。その他にも、カマと呼ばれる、えらの周辺の脂分が多い部位や、マグロで言うと、トロと呼ばれるような部分に多く含まれています。

 

脂分が多い部位の方が、DHAやEPAは豊富に含まれていますから、旬の魚である方が、たくさんのDHAやEPAを摂取することが可能となります。旬の魚はとれてからすぐに市場に並びますから、それだけ鮮度が良く、脂の乗りも良いとされているのでDHAやEPAを摂取するのにお勧めです。

 

魚の脂の部分に多くのDHAやEPAが含まれていますから、さっぱりとした魚よりも、大根おろしを添えた方が良いような魚の方が多くのDHAやEPAを摂取することが可能となるのです。魚類に多く含まれているDHAやEPAですが、缶詰にも含まれています。

 

まぐろの缶詰や、サンマやイワシなど、魚の缶詰として、非常にポピュラーな缶詰となりますが、開けてすぐに食べることができますから、非常に手軽にDHAやEPAを摂取することが可能です。筋子などにも含まれていますから、魚が苦手でも筋子やいくらであれば、食べられるという人は、是非摂取してみましょう。

 

⇒DHA・EPA比較ランキングを見てみる